ページメイン画像

ENGLISH/JAPANESE

ヒ素汚染水の浄化装置の開発

ヒ素除去浄水装置(アーゼノン)

 アーゼノンはヒ素汚染水からヒ素を極限まで除去することを目的として開発された浄水装置です。ヒ素は、自然界では分子容積の小さい陰イオンとして存在し、高効率の除去は高性能の逆浸透膜を用いても不可能です。
 弊所では、ヒ素を化学吸着する粒子を開発し、日本の環境基準(0.01ppm) 以下までヒ素を除去することに成功しました。


アーゼノンは以下に示す4 本のカラムから構成されています。

  1. 鉄さび等1~5μmの比較的大きな粒子を除去するカラム。
  2. アーゼノンの最も重要なカラムで、弊所で開発したヒ素を吸着する粒子が充填されています。
  3. UF膜を詰めたカラムで、細菌とウイルスを除去しますが、塩は除去しません。
  4. 活性炭を充填したカラムで、かび臭の原因となる有機物を除去します。

画像・装置写真

ヒ素除去装置